忍者ブログ
FF(58)     無双(83)     オフライン(6)     日常(1)     当サイトについて(1)    
  2017/06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30   
06.24
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

04.04

ということで行って来ました初九州。
一言で表すならば 行って良かった の一言に尽きます。
自分が滞在していた間は晴天に恵まれて、桜もほぼ満開で感動。
食べ物も美味しいし景色は綺麗だし本当に楽しかった…


以下無双ネタもあまり無いただの旅レポート。
かなりダラダラ長いのでお暇な方はどうぞ。



◆3月29日
21時、夜行バスで新宿出発。
さすがにこの距離だとあまり他のお客さんはいないのかなーと思いきや、意外にも満席。
通行止めで迂回、2時間遅れと痛いタイムロス。とにかく尻と腰が痛い。



1nitime.jpg
◆3月30日
13時、博多到着。
そのまま電車に乗って太宰府へ。梅ヶ枝餅を貪りつつまずは天満宮へは向かわず四天王山へ。
1時間ほど緩やかな山道を歩くと、わき道に岩谷城跡の立て札発見。
晴天のおかげもあって岩谷城跡は眺めが素晴らしい!
道路挟んだ向かい側に紹運さんのお墓。イノシシ注意が地味に怖い。
駅から約3㎞ほど延々と坂道を登るのでそれなりに疲れるけど行く価値は有かと。
(駅前の観光案内所でも道を教えてくれます)
その後天満宮を参拝し、博多に戻り、ラーメンを食べてから宿へ。
早速の足の疲れが筋肉痛に。
サロンパスに抱かれて寝たけど効果は…薄い…



2nitime1.jpg
◆3月31日
10時過ぎに柳川到着。
駅降りてすぐの所に川下りの看板があったのでさっそく行ってみる。
川下りの会社はいくつかあって、それぞれ乗り降りの場所が異なるようだ。
よくわからないので最初の所で船に乗る。よし、先頭キープ。
船頭さんの歌を聞かされつつ御花近くまでのんびり約一時間の船旅。
画像の左上は、つまみが買える水上売店。ぼったくりも良いお値段だけどそそられちゃう。
途中にくぐる橋は広いものから船の幅ギリギリの狭いものまで。
お世辞にも水は綺麗とは言いがたいけど魚は結構いるらしい。
(川沿いの家は自家用カヌーなんぞで釣りとかしてるらしい)

丁度船を降ろされるのは芳しい香りを漂わせる鰻屋が並ぶ通り。いやらしいな。
ちなみに川下りで提携してる鰻屋の割引券を貰えたけど、柳川の鰻といったら
「元祖本吉屋」か「若松屋」とあったので若松屋の方に入ってみた。
初めて食べる鰻の蒸篭蒸しは臭くなくて美味しい。けどかなりの甘口なので
ぱっと見一人前少なくない?と思いきや結構ヘビー。肝吸も付け合せの高菜も(゚д゚)ウマー

お腹が膨れた所で現立花家の別荘である御花へ。
立派な庭に、和風の屋敷と隣の西洋館、どちらも味があって良い雰囲気。
昭和のイケメンが優雅にお茶を楽しんでそうだ。
丁度こっちで言うお雛様祭り「さげもん祭り」をやっていたので至る所にぶらぶらした飾りが。
御花内部のさげもんは本当に自重してない派手さ。
その後宗茂のお墓参りをと福厳寺に向かうも閉まっていたため断念…
当たり前だけどこの町は至る所に「立花」の名前と銀杏の家紋が目に入ってくるので
ただそこにいるだけで大興奮状態の私。結構気持ち悪かったと思う。
(御花内部は家紋だらけでもう正気を保っているのが精一杯だったよ!)
そんな意味も兼ねて宗茂ラーは来て損の無い町だと思う。
ひとしきりふらふらした後、電車に乗り熊本へ。

2nitime2.jpg
うおー!ついに来たよ!KUMAMOTO!
4時過ぎに到着したので駅から散策しつつ歩いて熊本城へ。
(徒歩だと少し遠いので路面電車かバスを使った方がいいです)
城の入り口には3月にオープンしたばかりのオサレなお土産&飲食街があったので
宿に戻る前に先にお土産とおつまみ等々を購入。
暗くなってきたので天守閣の方へと向かってみる。ライトアップが…綺麗だよ…清正!
夜は夜間料金で限られたゾーンしか入れないのだけど、とりあえず入ってみた。
閉館ちょい前に入ったので人も少なく、静かで良い雰囲気。写真も撮り放題。ウヘヘ。
天守閣からの夜景も言わずもがな。



3nitime.jpg
◆4月1日
この日は例の宝探しも兼ねて丸一日熊本をペロペロ…じゃなくて堪能する日。
ぼんやりと考えていたら3つのキーワードを集める前になんとなく宝の場所が
特定できたので確かめに再び熊本城…の前に路面電車に乗って水前寺庭園へ。
入り口でいきなり団子をウマウマしつつお散歩。
変な形の庭園と桜の絶妙さが細川流なのだろうか。
少し戻って昼前に熊本城へ。
ちなみに城に行く途中、第一のキーワードをみつけた…が、これがまたわかり辛い!(画像左下)
駅や観光案内所やらで結構聞き込みをしたのだけど、三つのキーワードは「城の敷地外」に
あるということがわかった…そんなの探してられるかよ!
夜間はかなり限られたゾーンにしか入れなかったため、やたら広く感じる。
というか公園を含めた城の敷地面積は今まで行ったどの城よりも広いんじゃないだろうか。
桜もほぼ満開、お花見をしている人々を横目に、とりあえず心当たりのある場所へ。

あ っ た !

小さな宝箱の中にあったキーワードを肝に命じ、お宝ゲット。ただのカードだけど!嬉しい!
というか意外と宝探しの紙持ってる人が多かった。
地元の一口城主の人たちが花見がてらに来てる、といった感じ。
あとはDS片手にゆっくりと城散策清正とのエアデートを楽しむ。
とにかく…広い…そして気づいたらスニーカー両足とも踵が破けていた…ハハハ
城をぐるりと見た後は裏手の加藤神社へ。
何か人がいっぱいいるな清正モテ過ぎじゃね、と思ったら選挙の演説だったよ!
普段絶対買わないのにここだけは!と買ってしまった御守り。虎柄の御守り可愛い!
あと清正しぼりたてのお水なんかもあったのでうっかり買ってしまった。
その後細川さん家にお邪魔したり周辺ウロウロしたり。
桂花ラーメン本店を見つけたので入ってみた。
同じ味…だけど地元より気持ち美味しい気がした。旅効果ってやつか。




4nitime.jpg
◆4月2日
最終日。早めに宿を出て隣駅の上熊本、最後の目的地である清正の菩提寺、本妙寺へ。
(一つ隣の駅に行くのに電車30分待ったので歩けば良かったかも)
駅から20分ほど歩くと立派な門が見えてくる。くぐると更に道は続き、
一番奥にあるちょっとした山になっている所が清正のお墓。お決まりの階段である。
通常の神社だと狛犬のところ、ここは入り口に阿吽の虎の像。さすが虎之助。
頂上にある建物そのものが清正のお墓らしい(画像中段左)お供え物がとてもシュール。
お参りを済ませ、奥に清正銅像があるとのことで行ってみる。
…また階段である。正直かなり辛い。頂上には綺麗な桜と共に
ややセクシーな腰つきの清正がいたのでローアングルから激写させて頂いた。

博多へ戻り、更にお土産を買い込み、最後のラーメンを食べ、バスへ乗り込む。
さらば九州。




…以上ぶらり九州一人旅、でした。
帰りのバスは疲労のせいかあっという間に感じました。
朝方帰宅、そのまま夜まで爆睡。
家に帰ると本当にどっと疲れが出るんだなぁ…
百聞は一見に如かず。本当に良い経験ができました。
ありがとう九州。
 

PR
prev  home  next
忍者ブログ  [PR]

(design by 山瀬)